新着ニュース (2014年6月16日更新)

2014年6月10日
心理学・教育学委員会 心の先端研究と心理学専門教育分科会において作成された、記録「検証「心理学分野の展望―学術からの提言2010」 が公開されました。 詳しくはこちらを御覧ください。
2014年6月10日
「学術の動向」6月号で「心理学・教育学分野の展望と大型研究計画」 が掲載されました。 詳しくはこちらを御覧ください。
2013年11月13日
第31回 国際心理学会議(ICP2016) プロモーション用のロゴおよびスライドがご利用いただけるようになりました。詳しくは こちらをご覧ください
2013年9月20日
日本心理学会シンポジウム「つながるこころの学際的先端研究」が開催されます。詳しくは こちらをご覧ください。
2013年5月13日
第31回 国際心理学会議(ICP2016)のプログラム委員を募集しています。どうぞ奮ってご参加ください。ICP2016のHPは こちらをご覧ください。
2012年10月9日
日本学術会議 心理学・教育学分野別委員会が開かれました。詳しくは こちらをご覧ください。
2012年3月26日-
29日
玉川大学GCOE、「バーナード・バレイン教授特別集中講義」が開催されます。
詳しくはこちらをご覧ください。
2012年3月17日
北大GCOE「心の社会性」、日本学術会議「実験社会科学分科会」、科学研究費特定領域「実験社会科学」共催、シンポジウム「心はなぜ、どのように社会的か?―フロンティアとアジェンダ」が開催されます。
詳しくはこちら をご覧ください。
2012年1月16日-
18日
脳と心のメカニズム第12回冬のワークショップ
「脳内シミュレーション, Simulation in the brain」
が開催されます。
・ポスター発表申し込み締切12月19日(月)
・参加宿泊申し込み締切12月26日(月)
・参加費 学生 無料、一般 2000円
詳しくはこちら、または http://brainmind.umin.jp/wt12.html をご覧ください。
2011年11月27日
1、日本学術会議の春の総会(第162回総会)の予定が決まりました。平成24年4月9日(月)から11日(水)です。分野別委員会を同時に開催します。 ご予定ください。

2、幹事会(会長・副会長・部会長等)の年間開催日程が決まり間ました。 いつも13:30からです。この日程に合わせて、各種の委員会の開催が想定されます。 すでに決まっていることとして、奇数月に第1部の拡大幹事会が開催されます。 つまり、心理学・教育学の委員長ないし副委員長は、奇数月のこの日に 日本学術会議に「出勤」しています。会議立案の参考にしてください。
2011年11月14日
分科会の設置について計画が固まりました。
22期の会員は心理学分野6名、教育学分野4名です。心理学分野の会員は、長谷川壽一、松沢哲郎、 苧阪満里子、仲真紀子、箱田裕司、丹野義彦。教育学分野の会員は、佐藤学、秋田喜代美、鈴木晶子、金子元久です。委員長を松沢、副委員長を秋田、幹事を箱田と金子がつとめることになりました。
心理学分野の分科会は第2部との合同を含めて9つ企画されています。「心の先端研究と心理学専門教育」、「脳と意識」、「社会のための心理学」、「発達心理学」、「法と心理学」、「心理学教育プログラム」、「健康・医療と心理学」、「実験社会科学」、「(第2部と合同の)行動生物学」。
教育学分野の分科会は4つ企画されています。「21世紀の大学」、「高校教育改革」、「身心教育を中心とした質保証のあり方検討」、「子ども・子育て環境の質保証のあり方検討」。
日本学術会議には30の分野別委員会がありますが、そのうちの4つが、ふたつの学問領域を中黒でつないでいます。心理学・教育学分野別委員会はそのうちのひとつです。心理学と教育学の両分野が、互いに独立性を保ちつつゆるく連帯して、学問を一歩前に進めます。
2011年12月7日
新学術領域研究「質感脳情報学」公開シンポジウム
「質感理解へと向かう5つの挑戦」が行われます。
2012年8月30-
9月6日
ミラーニューロン発見20周年記念シンポ"MIRROR NEURONS: NEW FRONTIERS 20 YEARS AFTER         THEIR DISCOVERY" が行われます.
2011年10月3-5日
日本学術会議会館、第161回総会が行われます.
2011年9月21日
日本学術会議 心理学・教育学委員会(心理学分野)のホームページを立ち上げました.